女子力 HOHE女子力アップ術美容ダイエットファッションメイクリラクゼーション体験レビュースマホ待ち受け画像
ニキビエステスキンケアバストアップヘアケア
> > >

くすみの種類と原因について

肌のくすみってどんなもの?くすみの種類と原因について

肌のくすみってどんなもの?くすみの種類と原因について

くすみというと、「何となく肌がきれいに見えない」という状態だと思っていませんか?
透明感がなくなったり、潤いが足りなかったり。
一言で「くすみ」といっても、実はいろいろな種類があるのです。

スポンサードリンク

くすみには種類があった!その詳細と対策の仕方について

くすみは一つだけの症状なのではなく、いくつかのパターンがあります。
種類によってケアする方法も変わり、メイク時のカバーの仕方も異なるのです。

黄ぐすみの原因と対策

年を重ねるにつれ、何だか顔が黄色っぽくなってきたという人は「黄ぐすみ」かもしれません。
甘い物や油っこい物の摂りすぎや、紫外線によるダメージ、活性酸素による肌の酸化により、肌が黄色っぽくみえてしまうのです。
対策としては、保湿と紫外線対策を一年中しっかり行い、日々の食事で抗酸化作用のある物を積極的に取り入れましょう。

汚れによるくすみ

洗顔を毎日しているという人でも、実はお肌の深いところの汚れがしっかり落ちていないことがあります。
古い角質などが溜まり、肌がくすんで見えてしまうのがこちらのケース。
新陳代謝を良くしたり、ピーリングで肌のターンオーバーを促すと効果的です。

紫外線によるくすみ

夏の日焼けや紫外線による炎症で、肌がくすんで見えてしまうことも。
美白成分の入った化粧品を毎日使ったり、冬でも日焼け止めを塗るなどの紫外線対策が欠かせません。

くすみは改善できるのです!内側から肌を若返らせる方法とは

紫外線を浴びることでメラニンが増え、くすみの原因となることも珍しくありません。
一度くすんでしまった肌はもう戻らない、なんて思ってはいませんか?
実はくすみは、ちゃんと改善できるのです。

くすみの多くは色素沈着が原因となり、肌の深いところで黒ずみや黄ばみが生じてしまいます。
これを改善するためには、肌のターンオーバーを促し、メラニンや古い角質を排出させることが大切。

新鮮な緑黄色野菜やフルーツを毎日食べることで肌に良いビタミン類を補給し、紫外線ケアをしっかり行うことでこれ以上メラニンや肌のダメージを増やさないよう心がけましょう。
寝ている間に肌のターンオーバーが行われるので、充分な睡眠を取ることも重要です。
アーモンドや大豆製品を積極的に摂るようにすると、体の内側から肌を若返らせる効果もあるのでオススメです。

くすみの原因を知って、正しい対策を取れば、今までより明るく透明感のある肌になることができちゃいますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

肌のくすみってどんなもの?くすみの種類と原因について

くすみというと、「何となく肌がきれいに見えない」という状態だと思っていませんか? 透明感がなくなったり、潤いが...

乾燥肌と肌年齢のお手入れ

年齢を重ねると目立ってくるのが、目元口元の小じわや法令線ですよね。 人の第一印象というのは、やはり顔ですから日...

化粧水はコットンでつけるべき?そのメリットとは

化粧水は肌にしっかり浸透させることが大切。 そこで重要なのがパッティングです。 肌をこすってはいけないけれど...

美白は冬こそ本番!乾燥とくすみに負けない美肌ケア

美白というと、「夏に行うスキンケア」と思う人もいるかもしれません。 もちろん、紫外線の強い季節に行う美白ケアは...

自宅ですぐにできちゃう!お手軽で肌にも優しい簡単パック術

市販のパックはコストが気になる、なんて人も多いのでは? コストを気にせずたっぷり使えるパックがあったら嬉しいで...

スキンケア カテゴリ最新記事

151

自宅ですぐにできちゃう!お手軽で肌にも優しい簡単パック術

市販のパックはコストが気になる、なんて人も多いのでは? コストを気にせずたっぷり使えるパックがあったら嬉しいですよね。
149

化粧水はコットンでつけるべき?そのメリットとは

化粧水は肌にしっかり浸透させることが大切。 そこで重要なのがパッティングです。 肌をこすってはいけないけれど、しっかり成
144

健康的できれいな肌のために!肌に優しい洗顔方法教えます!

毎朝顔を洗うとき、どのように洗っていますか? 石鹸を使っている人は、実は必要な皮脂まで落としてしまっているかも。 お肌の

スポンサードリンク
おすすめリンク
カテゴリ: スキンケア
タグ:

Comments are closed.