女子力 HOHE女子力アップ術美容ダイエットファッションメイクリラクゼーション体験レビュースマホ待ち受け画像
ニキビエステスキンケアバストアップヘアケア
> >

正しい日焼け対策

正しい日焼け対策!SPFとは?PA+とは?

日焼け対策

みなさん、日焼け対策してますか?
美白効果のある化粧品を使っていても気付けばシミやソバカスが増えていたり…
せっかくの良い天気でも外に出るのが少し憂鬱になりますね。
ここでは日焼けの知識と対策についてご紹介します。

紫外線の種類によって対策も影響も異なる?

紫外線には、UVB(B波)とUVA(A波)があります。

UVBは紫外線B波と呼ばれ、エネルギーが非常に強く、肌表面の細胞を傷つけます。
太陽の下に長時間過ごしていると肌が真っ赤になったり、メラニン色素が沈着し肌の色を黒くしたり、シミやソバカスの原因になります。
つばの大きい帽子や日傘を使うなど直射日光に当たらないように心がけることで、ある程度は防ぐことが出来ます。

UVAは紫外線A波と呼ばれ、エネルギーは弱いものですが地球の表面に届く紫外線のうち約95%を占めます。
UVB(紫外線B波)ほど目に見えるダメージは与えませんが、じわじわと肌の奥深くまで到着し肌の弾力を奪い、シワやたるみの原因になります。
雲や窓ガラスを通して肌の奥の真皮まで届くので、気付かないうちに日焼けしていることがよくあります。曇りの日も、車内や家の中でも注意が必要です。

スポンサードリンク

パッケージに書いてある「SPF」ですが一体なにを表しているのでしょうか?

SPFとは Sun Protection Factor (サンプロテクションファクター)の略であり、UVB (紫外線B波)防止効果の「値」を表したものです。
日焼けクリームなどを使用せずに過ごしている素肌は約20分で日焼けし始めます。
SPFはこの20分という時間をSPF1と設定しています。
例えば、SPF20の日焼け止めは20分×20で400分(6時間40分)、SPF30のものだと20分×30で600分(10時間)の間、UVBから肌を守ることが出来るという計算になります。

しかしSPFの強いものを塗っていれば安心という訳でもなく、効果の強い日焼け止めはその分、肌に負担がかかるので散歩や買い物に出かけるといったときにはSPF10~20が推奨されています。

PAとはProtection Grade of UVA (プロテクション グレイド オブ UVA)の略であり、UVA(紫外線A波)を防止する効果を「+」で表したものです。

PAは4段階に分かれており、+の数が多いほどUVAの防止効果があります。
こちらも日焼け止め効果の高いものは肌への負担も大きいのでちょっとしたお出かけのときはPA+か++ほどで十分です。

日焼け止めを塗る際は、薄くのばすと十分な効果が得られないのでしっかりと塗りましょう。
汗で落ちてしまう事もあるので、こまめに塗り直しすることをオススメします。

きちんと日焼け止め対策をして、お出かけを楽しんで下さいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

あなたの噛み合わせは大丈夫?ズレの判別法と自宅ケア

不正咬合といった症状を知っているでしょうか? いわゆる受け口や、上の歯と下の歯がずれてしまっているような、適切...

一日半分のアボカドで美人になれるってホント?徹底検証します

アボカドは栄養価が高く、「森のバター」と呼ばれ、昔から体に良い食べ物として知られてきました。 今回は、アボカド...

おいしくて美容にも効果的!毎日飲みたいおすすめ中国茶

香りが良く、花や実を使った中国茶は見た目にも楽しい飲み物です。 漢方の歴史が深い国で古くから愛されてきただけあ...

全身のお肌の透明感をアップ!角質ケアの正しいやり方

ボディケアというと、保湿や紫外線対策に目がいきがち。 しかし、角質ケアを忘れてはいけません。 かかとのガサガ...

美肌にもダイエットにも!ホットヨーグルトの驚くべき効果!

化粧水に美容液、お肌のお手入れにはお金がかかります。 ヘアサロンにも行かなきゃならないし、新しい洋服も欲しいの...

美容 カテゴリ最新記事

160

おいしくて美容にも効果的!毎日飲みたいおすすめ中国茶

香りが良く、花や実を使った中国茶は見た目にも楽しい飲み物です。 漢方の歴史が深い国で古くから愛されてきただけあって、美容
158

男性だけじゃない!女性だって薄毛や育毛ケアが必要なんです

近年、薄毛や抜け毛に悩む女性が増えています。 毛髪トラブルは早めのケアが肝心。 今回は女性の薄毛や抜け毛に関するケア方法
155

美容と健康のために気をつけたいのは「白」と「黒」だった!

モノトーンカラーは何となく地味でぱっとしない印象があるかもしれません。 ファッションではアクセントになる鮮やかなカラーが

スポンサードリンク
おすすめリンク
カテゴリ: 美容
タグ:

Comments are closed.