女子力 HOHE女子力アップ術美容ダイエットファッションメイクリラクゼーション体験レビュースマホ待ち受け画像
ネイル洋服香水
> >

ブーツのお手入れマニュアル

冬の足元をいつもキレイに!ブーツのお手入れマニュアル

冬の足元をいつもキレイに!ブーツのお手入れマニュアル

ブーツはレザーやスエード、ムートンなど、さまざまな素材の物があります。
パンプスやスニーカーと違って、面積も広く、リボンや金具などの付いているタイプも多いのでお手入れが面倒になりがち。
しかし、ちょっとしたポイントさえ抑えれば、長くきれいに履くことができるのです。

スポンサードリンク

ブーツのお手入れ、簡単な2つの手順

まず、ブーツは買ってすぐからお手入れを始めるのがベストです。
特にやっておきたいのが、防水スプレーで表面を保護すること。

合皮などの一般的なブーツは、少しくらいの雨だったらそのまま履いてしまう人も多いかと思います。
皮はなんとなく丈夫なイメージがありますが、水に濡れると型崩れやシミができてしまうことも。
ブーツをより長持ちさせるためにも、買ったらすぐに防水加工などをしておいてあげるのが大切なのです。

とはいっても、もう履いてしまっているブーツだってたくさんありますね。
そんなときは、ブラシやシューケア用品を使って表面をきれいにしてから、防水スプレーなどを使えば大丈夫です。

また、ブーツケアに欠かせないアイテムである、ブーツキーパーも必ず用意しておきましょう。
履いた後はキーパーを入れて形を整え、柔らかい布で拭いてあげるとその日の汚れをケアすることができます。

脱いだ後の一手間で、ブーツの寿命を長くしよう

ブーツは他の靴と比べ、蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい環境です。
表面保護や汚れのクリーニングといったお手入れも大切ですが、実は除湿と除菌もかなり重要。

履いた後のブーツ、どうしていますか?
キーパーで形を整えるという人は多いかもしれませんが、忘れがちなのが除湿と除菌。
できれば、履いた後すぐのブーツはなるべく風通しを良くし、除菌スプレーなどでケアすると安心です。

数時間は蒸れた空気を逃がすようにし、除菌スプレーが浸透するようにしましょう。
リフレッシャーや除湿用品を使うのもおすすめです。
この一手間を加えることで、カビや匂いを予防することができるのです。
除湿と除菌が済んだら、ブーツキーパーで形をと整えておきましょう。

いかがでしたか?
意外とすぐにできることで、ブーツのお手入れを始めることができます。
ブラシやクリームなど、専用のケア用品も市販されているので、素材や形に合わせてそろえておくのもいいですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

見た目だけで選んでいませんか?サングラスの賢い選び方

日差しが強くなる季節、サングラスは日傘や日焼け止めと同じく欠かせないアイテムの1つです。 どんなに直射日光を避...

あなたは何色?知っておきたいパーソナルカラーについて

同じ日本人でも、髪の色や目の色、肌のトーンは人それぞれ。 ですからもちろん、似合う色も人によって異なってきます...

マンネリヘアから脱出!前髪で印象チェンジする方法いろいろ

毎日同じ髪型で、何となくマンネリを感じてはいませんか? 美容院に行くほどでもないけれど、ちょっとしたイメチェン...

トートバッグで春はカジュアルに決める!おすすめコーデ3選

機能性とカジュアルさが人気のトートバッグ。 買い物にもちょっとしたおでかけにも活躍で、さまざまなシーンで活躍す...

冬の足元をいつもキレイに!ブーツのお手入れマニュアル

ブーツはレザーやスエード、ムートンなど、さまざまな素材の物があります。 パンプスやスニーカーと違って、面積も広...

ファッション カテゴリ最新記事

156

大人パーカースタイルの提案!きれいに着こなすポイントとは

さっと羽織っても、前を閉めてきれいめに着ても決まるパーカー。 何にでも合わせやすく、最低でも一着は持っておきたい万能アイ
152

大人の女性を美しく見せる!テーパードパンツってすごいんです!

大人なら、スカートだけでなくパンツもカッコよく着こなしたいもの。 でもストレートやフレア、スキニーなど、パンツにも色々な
148

場面に応じて着こなしたい!いろんな襟で自分を演出しよう

洋服の襟は、長さやデザインに種類があり、着たときの印象を左右する重要なパーツ。 今のファッションの流行では「襟付き」が一

スポンサードリンク
おすすめリンク
カテゴリ: ファッション
タグ:

Comments are closed.