女子力 HOHE女子力アップ術美容ダイエットファッションメイクリラクゼーション体験レビュースマホ待ち受け画像
ネイル洋服香水

見た目だけで選んでいませんか?サングラスの賢い選び方

見た目だけで選んでいませんか?サングラスの賢い選び方

見た目だけで選んでいませんか?サングラスの賢い選び方

日差しが強くなる季節、サングラスは日傘や日焼け止めと同じく欠かせないアイテムの1つです。
どんなに直射日光を避けようと、サンプロテクトをたっぷり塗ろうと、日焼けは「目から入る紫外線」からも及ぼされてしまうことはご存知ですね。
さらに目から入ってくる日差しには日焼け以外にも、目そのものに悪影響を与えます。
スポンサードリンク

紫外線が引き起こすダメージは肌のみならず。サングラスの効果

紫外線にさらされることによって与えられる目へのダメージは実はかなり深刻なものです。
充血・目のかすみ・ドライアイ、そして視力の低下。
更に、角膜炎(かくまくえん)や嶮裂班(けんれつはん)、白内障(はくないしょう)などの大変危険な目の疾患を引き起こします。
しかしこれらの目のトラブルはサングラスの着用で防げると考えられています。
ただしサングラスであればどのようものでも良い、という訳ではないようなのです。

UVカット加工がされている?ただ色が濃いだけ?サングラスの落とし穴

サングラスを選ぶ際、なるべく色が濃いものを選べば紫外線もカットできると思いがちですがただ色が濃いだけで「UV(紫外線)カット加工」がされていないサングラスも市場には多くあるようです。

人間の目は暗い所に行くと「なるべく多くの光を取り入れよう」と瞳孔を開き、光の調節をします。
電気を消して真っ暗になった後、除々に目が慣れてきて少しずつ周りが見えてくるのもこの瞳孔の働きのためです。
同様に濃い色のサングラスをかけると、視界が暗くなるため目は「周りが暗くなった」と認識し「もっと光を取り入れよう」と瞳孔を開きます。
そこでUVカット加工の程こさえていないサングラスをかけていると紫外線がレンズを通り越し、広く開いたままの瞳孔に吸収されてしまうのです。
つまりUVカット加工のさえていないサングラスをかけることで反って紫外線を多く受けてしまい、目にも、シミ・そばかすなど肌ダメージにも悪影響を与えることになります。

自分に似合うデザインを探すことも大切ですが、自分をしっかり守ってくれるサングラスを見つけられるよう「UV加工がされているもの」かどうかよく確かめてから購入しましょう。
スポンサードリンク

人気記事

オシャレで安全なウェッジソールの選び方

女性は、お洋服だけでなく、靴にもこだわる方が多いですが、靴が好きな方に選ばれているデザインの一つでもあるのが、ウ...

大人の可愛さと気取らなさを演出!スニーカーコーデの魅力とは

近年、オシャレアイテムとして注目を集めているのが、スニーカー。 少し前までは「ダサい」「ラフすぎる」と思われて...

ピアスホール不要!かけるだけでオシャレな「イヤーアクセ」

今やすっかりオシャレアイテムの定番となっているピアス。 耳元で揺れるアクセサリーは女性らしさの象徴でもあり、コ...

見た目だけで選んでいませんか?サングラスの賢い選び方

日差しが強くなる季節、サングラスは日傘や日焼け止めと同じく欠かせないアイテムの1つです。 どんなに直射日光を避...

今年の春の定番「スモーキーパステル」ちょっとくすんでるが可愛い!

グレイのセーターに黒のコート。 暗くどんよりとした、冬の空を思わせるような色の服ばかりだったショップもピンクや...

Comments are closed.