女子力 HOHE女子力アップ術美容ダイエットファッションメイクリラクゼーション体験レビュースマホ待ち受け画像
まつげコスメ
> >

春のイメチェン、逆効果にならないために気をつけたい3つのこと

春のイメチェン、逆効果にならないために気をつけたい3つのこと

春のイメチェン、逆効果にならないために気をつけたい3つのこと

イメチェンはそれまでの自分を捨て、新しい魅力と出会える絶好の機会。
ただし、イメチェン方法を間違えると周囲から「痛い」と思われてしまう恐れもあります。
年齢やキャラに合った変身を遂げ、より魅力的な自分を手に入れましょう。

スポンサードリンク

こんなイメチェンは要注意!なりたい自分をはっきり持とう

髪型やファッションを大きく変えるイメチェンでは、なりたい自分と似合う自分のバランスを取ることが大切です。
気をつけたいのは「流行に流されすぎない」ということ。
ミニスカートが流行っているからと、年齢を考えずに挑戦するのはイメチェンよりも「若作り」と思われてしまう可能性があるのです。

また、黒髪ストレートが流行っているからといって、大人女子がこれを取り入れてしまうのは危険です。
黒くて重みのあるヘアスタイルは、年齢や肌質によっては老けた印象になることも。
また、ぱっつん前髪はせめて20代までにしておくのが無難です。
モデルさんや女優さんには年齢を問わず似合う髪形でも、一般女性には無理がある場合も少なくありません。

年齢やスタイルに合わせ、ナチュラルで魅力を引き出すようなスタイルを見つけること。
それでいて、今までの自分にない新しい魅力を発見することが、真のイメチェンです。

イメチェンを成功させる3つのポイント

「素敵になった」「似合うね」そんな言葉を周囲から引き出すためには、いくつかのポイントがあります。
髪型や服装を変える時には、以下のような事柄に気をつけてみるといいですよ。

1:ナチュラルさが大切

いかにも「オシャレがんばってます」という凝った髪型は、毎日続けるには無理があります。
ヘアカラーの場合、いきなり髪色を明るくするより、少しずつトーンを明るくして似合う色を探すという方法も。
自分のライフスタイルに沿った、自然な範囲でのイメチェンは成功しやすいのです。

2:家族や友人とのバランスも必要

いつまでも女性らしさをキープするのは素晴らしいことですが、子供と公園に行くのに10センチもあるヒールを履いたり、ミニスカートで行くというのはちょっとちぐはぐ。
オシャレは時と場合に合っているのが重要なのです。

3:似合っていることこそ最大のポイント

イメチェンが成功するかどうかは、結局のところ似合っているかどうかが最も重要です。
正直な意見を聞かせてくれる人に、判断を仰いでみてはどうでしょう。

いかがでしたか?
春は思い切ってイメチェンするのにぴったりの季節です。
今回ご紹介したポイントを参考に、新しい自分で新年度を迎えてみてはいかがでしょう。
仕事や学校といった環境の変化も、きっと楽しくこなしていけるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

勉強や家事の合間にもおすすめ!「ながらリップケア」術とは

勉強や家事、仕事に忙しい毎日の中で、唇が乾燥してはいませんか? 口元がかさつく、縦じわが目立つ、切れて血が出る...

春のイメチェン、逆効果にならないために気をつけたい3つのこと

イメチェンはそれまでの自分を捨て、新しい魅力と出会える絶好の機会。 ただし、イメチェン方法を間違えると周囲から...

肌に優しく安心!「オーガニックコスメ」ってどんなもの?

食べ物でもよく耳にする「オーガニック」。 何となく体に良さそうで、ちょっと高級なイメージがありませんか? 実...

メイクによって異性の反応が変化するという驚きの事実が発覚!

ある実験によると、同じ人物でもメイクの濃さによって異性からの人気に差が出たという結果が。 女性からしてみると、...

仕上げに一手間加えてる?パウダーを使って崩れ知らずのメイク

ベースメイクはどのように仕上げていますか? 下地とファンデーションで完成、リキッドファンデとチークで完成、また...

メイク カテゴリ最新記事

159

春のイメチェン、逆効果にならないために気をつけたい3つのこと

イメチェンはそれまでの自分を捨て、新しい魅力と出会える絶好の機会。 ただし、イメチェン方法を間違えると周囲から「痛い」と
157

勉強や家事の合間にもおすすめ!「ながらリップケア」術とは

勉強や家事、仕事に忙しい毎日の中で、唇が乾燥してはいませんか? 口元がかさつく、縦じわが目立つ、切れて血が出るなど、乾燥
154

肌に優しく安心!「オーガニックコスメ」ってどんなもの?

食べ物でもよく耳にする「オーガニック」。 何となく体に良さそうで、ちょっと高級なイメージがありませんか? 実はコスメにも

スポンサードリンク
おすすめリンク
カテゴリ: メイク
タグ:

Comments are closed.