女子力 HOHE女子力アップ術美容ダイエットファッションメイクリラクゼーション体験レビュースマホ待ち受け画像
ニキビエステスキンケアバストアップヘアケア
> > >

正しいシャンプーの方法

正しいシャンプーの方法

シャンプーの方法

美しい髪と健康な頭皮を保つためには、毎日のシャンプーを正しく行う事が必要不可欠です。
毎日の単純な作業にも思えますが、これをきちんと行うかどうかで髪の毛は良くも悪くも変化していきます。ここでは正しいシャンプーの方法をお伝えします。

スポンサードリンク


スッテプ1:頭皮の汚れを洗い流す

まず始めにお湯でしっかり髪の毛を洗い流します。
シャンプーの前にお湯をかけるの洗いやすくする為だと多くの方が思っているようですが、本来の目的は髪に付いた汚れと頭皮に詰まった皮脂を取る事です。
頭髪の一日の汚れは、最初の洗い流しで約7割取れるといわれていますのでお湯でしっかりと下洗いをして下さい。

スッテプ2:頭皮ケアをしながら洗う

しっかりお湯で下洗いをした後はシャンプーを適量とって優しく洗います。
爪を立てて強く洗う方もいるようですが、頭皮に傷がついてしまいますので髪を洗うときは爪を立てずに、指の腹で洗うようにして下さい。
マッサージをするように優しく洗うことで頭皮の皮脂の詰まりもとれ髪も絡まず切れ毛も防げます。

ステップ3:シャンプーを洗い流す

全体を洗い終えたらお湯で流す前にしっかりと泡切りをします。
流す時は頭の後ろの方から毛先に向かって優しく流しましょう。
この時も爪を立てゴシゴシと流すのは厳禁です。
洗い流しが甘いと、頭皮にシャンプーの残りが詰まり、汚れとべたつきの原因になります。

ステップ4:乾かす

毛先を叩くようにタオルドライで水気を切り、ドライヤーでしっかり乾かしてください。
頭皮、根本をしっかり乾かして毛先は強くあてすぎないようにしましょう。
髪が濡れたまま寝るとカビが繁殖し、ダメージの原因になるので注意して下さい。

洗髪は1日1回で十分きれいになります。1日に2回、3回とシャンプーをすると頭皮に必要な油分もとってしまい、乾燥してフケの原因になります。
お湯にも適温があり、熱すぎても髪にダメージを与えまし、ぬるすぎても脂浮きが悪く汚れが取りにくくなります。
どんなに良いシャンプーを使っても正しい方法で行わなければ意味がありません。
正しいシャンプーの方法をしっかり押さえましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

「ナチュラルであることの美しさ」大注目の黒髪美人

茶髪が「不良」な象徴であったのは遠い昔のこと。 今やヘアカラーは洋服やお化粧と同じく「気軽に楽しめるオシャレ」...

男性だけじゃない!女性だって薄毛や育毛ケアが必要なんです

近年、薄毛や抜け毛に悩む女性が増えています。 毛髪トラブルは早めのケアが肝心。 今回は女性の薄毛や抜け毛に関...

髪のパサつきは「オイル」で解消!おすすめヘアケアオイル特集

髪がキシキシしたり、毛先がまとまらなかったりするときは、髪全体が乾燥しているのかも。 冬の冷たい空気やエアコン...

静電気とブラッシングの関係

空気が乾燥すると多くなってくるのが静電気。 車に乗る時、ドアノブに触れた時バチッと静電気の痛みを経験したことは...

ヘアカラーの持ちを良くしよう!日常でできる簡単なコツ

茶色や金色、明るめのヘアカラーは時間が経つと退色したり、生え際の黒さが目立ってきてしまいます。 染めたときのダ...

ヘアケア カテゴリ最新記事

158

男性だけじゃない!女性だって薄毛や育毛ケアが必要なんです

近年、薄毛や抜け毛に悩む女性が増えています。 毛髪トラブルは早めのケアが肝心。 今回は女性の薄毛や抜け毛に関するケア方法
150

春風に揺れる「いい女」風ヘアは簡単にできちゃいます!

風に揺れるきれいな髪は、女性を美しく見せてくれます。 最近はあまり手を入れすぎないナチュラルなヘアスタイルが人気となって
113

ヘアカラーの持ちを良くしよう!日常でできる簡単なコツ

茶色や金色、明るめのヘアカラーは時間が経つと退色したり、生え際の黒さが目立ってきてしまいます。 染めたときのダメージや日

スポンサードリンク
おすすめリンク
カテゴリ: ヘアケア
タグ:

Comments are closed.