女子力 HOHE女子力アップ術美容ダイエットファッションメイクリラクゼーション体験レビュースマホ待ち受け画像
ニキビエステスキンケアバストアップヘアケア

乾燥する季節のダメージヘア

乾燥とダメージヘア

乾燥とダメージヘア

季節が変わり、寒くなるにつれて空気が乾燥します。
乾燥する季節にはハンドクリームが手放せなくなりますよね。
では髪の毛はどうでしょうか?
髪も同じように水分が失われ、乾燥によるダメージがあります。
水分が足りない髪は、キューティクルが剥がれ見た目もパサパサで痩せた髪になってしまいます。
切れ毛や枝毛の原因にもなりますので、乾燥によるヘアダメージは避けたいものですよね。
スポンサードリンク

髪を乾燥から守るには!

やはり乾燥する季節はトリートメントがより重要になります。
髪の芯まで水分が届くように日々のお手入れをしっかりしましょう。
ここで注意が必要なのが、スプレータイプなどの髪の表面に水分を与えるタイプのトリートメントです。
外出先でも手軽に使えるトリートメントとしてとても便利ですし、髪の潤いやまとまり効果もあるので、使っている方も多いのではないでしょうか。
ですが、乾燥する季節にはかえってそれが逆効果になってしまいます。
というのも、トリートメントで潤した髪が乾いていく際に、元々あった髪の水分も一緒に蒸発してしまうのです。
髪のパサパサ感やゴワツキが気になるからといって常に髪に水分を与えてしまうと、余計に髪が乾燥によりパサついてしまうのです。

乾燥に負けないヘアケアをするには!

乾燥に負けないヘアケアをするには、トリートメントが重要と言いましたがただトリートメントをすれば良いというわけではありません。
どんなに高級で優れたトリートメントを使っても、ケアの方法を間違ってしまえば効果は得られません。
正しいシャンプーの仕方、ドライヤーの使い方など日常の手入れも重要になります。
傷んだり汚れていて修復が難しい髪に潤いを与えても、壊れたキューティクルからは水分がどんどん失われます。
皮脂や汚れが付いた髪はさらに髪を傷付けてしまいます。
例えば、空気が乾燥している風の強い日に出かけた時、出かける前はサラサラだった髪が、指が通らないほどゴワついてた経験はありませんか。
それは乾燥によるダメージと砂や埃がキューティクルを傷つけているのです。
正しいシャンプーの仕方でしっかりと髪の汚れを落とし、トリートメントをする事を心掛け、ドライヤーも熱風を強くかけるのではなく、優しくタオルドライをした後に毛先をあまり長時間ドライヤーしない事がポイントです。
乾燥とダメージヘアは切っても切れない関係です。
まずは自宅でのヘアケアを少し変えてみてはいかがでしょうか。
スポンサードリンク

人気記事

「ナチュラルであることの美しさ」大注目の黒髪美人

茶髪が「不良」な象徴であったのは遠い昔のこと。 今やヘアカラーは洋服やお化粧と同じく「気軽に楽しめるオシャレ」...

男性だけじゃない!女性だって薄毛や育毛ケアが必要なんです

近年、薄毛や抜け毛に悩む女性が増えています。 毛髪トラブルは早めのケアが肝心。 今回は女性の薄毛や抜け毛に関...

髪のパサつきは「オイル」で解消!おすすめヘアケアオイル特集

髪がキシキシしたり、毛先がまとまらなかったりするときは、髪全体が乾燥しているのかも。 冬の冷たい空気やエアコン...

静電気とブラッシングの関係

空気が乾燥すると多くなってくるのが静電気。 車に乗る時、ドアノブに触れた時バチッと静電気の痛みを経験したことは...

春風に揺れる「いい女」風ヘアは簡単にできちゃいます!

風に揺れるきれいな髪は、女性を美しく見せてくれます。 最近はあまり手を入れすぎないナチュラルなヘアスタイルが人...

Comments are closed.