女子力 HOHE女子力アップ術美容ダイエットファッションメイクリラクゼーション体験レビュースマホ待ち受け画像
ニキビエステスキンケアバストアップヘアケア

ヘアカラーの持ちを良くしよう!日常でできる簡単なコツ

ヘアカラーの持ちを良くしよう!日常でできる簡単なコツ

ヘアカラーの持ちを良くしよう!日常でできる簡単なコツ

茶色や金色、明るめのヘアカラーは時間が経つと退色したり、生え際の黒さが目立ってきてしまいます。
染めたときのダメージや日常での髪の痛みをケアすることで、ヘアカラーの色を長持ちさせることができるのです。
スポンサードリンク

ヘアカラー時のダメージをなるべく軽減する

ヘアカラーをするとき、トリートメントやヘアケアを行っていますか?
自宅でできるトリートメント剤も市販されていますが、美容院で使われているトリートメント剤はやはり効果が高くなっています。
できれば、ヘアカラーと合わせてダメージケアも行うと、髪の痛みを軽減することができるのです。

また、最近ではヘアカラーの方法自体に、ダメージの少ない方法もあります。
カラーしながらダメージケアできる方法で、例えばトリートメント剤配合のカラーリング薬品や、髪を労わりながら洗えるシャンプーなどを取り入れている美容院も。
同じヘアカラーでもいくつかのメニューを用意しているお店も多くなっているので、カラーリングするときは確認してみてはいかがでしょう。

自宅でできるヘアケア方法

入浴後、髪のケアはどうしていますか?
ドライヤーで乾かす、トリートメントするなど、工夫している人もいるかと思います。
ヘアカラー後の髪はとても痛んだ状態で、傷つきやすくなっています。
シャンプーするだけでも潤いが薄なわれがちで、指どおりの悪さを感じる人も多いのでは?

自宅でできるケアとしては、以下のようなものが挙げられます。

・乾かすときはこすったりせず、優しくしっかり乾かす
・スプレーやクリームなど、トリートメント剤で髪を労わる
・紫外線によるダメージを減らす

洗髪後の髪は、手ぐしで優しくほぐしながら乾かしましょう。
髪同士がこすれてしまうと、髪の表面の傷みが進み、カラーの落ちが早くなります。
また、洗い流さないタイプのトリートメント剤を使うと、寝ている間にしっかり浸透し、翌朝の指どおりが良くなります。

意外と忘れがちなのが紫外線ケア。
髪は意外と日焼けしているので、一年を通してはもちろん、特に夏場は防止などでしっかしケアしましょう。
カラーの退色や、傷みによるトーンアップを防ぐことができます。

以上のようなポイントを押さえ、美しいカラーをより長く楽しみましょう。
お気に入りのヘアカラーを持続するためにも、自宅ケアを忘れずに!
スポンサードリンク

人気記事

乾燥とダメージヘア

季節が変わり、寒くなるにつれて空気が乾燥します。 乾燥する季節にはハンドクリームが手放せなくなりますよね。 ...

大人気ラサーナ特別セットで美しい女優ヘアーを手に入れる

洋服や靴を変えるように、ヘアースタイルも色々試してみたくなりますよね? お金をかけて、髪を染めたりパーマをした...

正しいシャンプーの方法

美しい髪と健康な頭皮を保つためには、毎日のシャンプーを正しく行う事が必要不可欠です。 毎日の単純な作業にも思え...

「ナチュラルであることの美しさ」大注目の黒髪美人

茶髪が「不良」な象徴であったのは遠い昔のこと。 今やヘアカラーは洋服やお化粧と同じく「気軽に楽しめるオシャレ」...

髪のパサつきは「オイル」で解消!おすすめヘアケアオイル特集

髪がキシキシしたり、毛先がまとまらなかったりするときは、髪全体が乾燥しているのかも。 冬の冷たい空気やエアコン...

Comments are closed.